石碑と看板とダブルで書かれています。

このように札所5番の語歌堂は、無人になっていて、納経所は別のところ、長興寺になっています。

またもや変則的ではありますが、長興寺へ先に行って、納経を済ませてから語歌堂に行きます。

写経を納めるから、順番は許してもらいましょう。読経だったら、どうするか、ということもありますが。

まずは長興寺で納経して御朱印をいただく



先ほどの曲がり角を曲がって長興寺の方面に行きますと、住宅地の先に長興寺はあります。

その横の山のところには、赤い旗がみえました。お稲荷さんでしょうか。



納経所を指し示す、いつもの小坊主がみえます。

長興寺も立派なお寺で、見応えあります。

 



お地蔵様と本堂です。

本堂で手を合わせました。

こちらの長興寺は、享保5年にこの地に移ってきたそうです。



本堂に向かって左手には別のお堂もありました。

 



長興寺に着く前に遠くからみえた赤い旗が気になって、本堂ともう一つのお堂の間から裏山のお堂のほうを見てみました。

想像どおり稲荷大明神でした。

お寺さんと稲荷社は、なぜか一緒にあることが多いのですよね。なぜなのだろう。


七観音霊場の納経帳もあった長興寺

先ほどの六地蔵を山門の後ろから写してみました。

秩父のお寺も六地蔵があるお寺が多いですね。



なにはともあれ、納経です。

納経所に行きます。



長興寺に七観音霊場となってるようで、そちらの専用の納経帳がありました。

気になりますね。しかし、今は秩父34観音霊場を優先することにしました。

あとで調べたら、七種類の観音像のお寺で、語歌堂のことでした。

語歌堂の納経所なので、長興寺に専用納経帳があったのですね。

語歌堂の准胝観世音菩薩は、珍しい観音様で、坂東にはこの種類の観音像が無いのだとか。


珍しい准胝観音様の語歌堂へ

語歌堂は本来は、お寺というよりお堂なのでしょうね。

周りに囲いや塀もなく、すぐに入れるようになっています。



山門と呼んでいいのかわかりませんが、門から入ります。

 



門には、仁王様はいましたので、仁王門になるかな。

秩父札所ではなく、七観音霊場の文字が見えました。

やはり、准胝観世音菩薩は珍しいのでしょう。

小川山語歌堂です。



仁王門のこちら側にも仁王様がにらみをきかせています。

阿吽の仁王様です。


聖徳太子と語歌堂

仁王門はありますが、まわりのどこからでも入れる語歌堂です。

田園地帯に立っているお堂です。

でも重要なのですよね。珍しい准胝観世音菩薩をお祀りするのですから。



准胝観世音菩薩の真言には、「じゅんていそわか」という言葉が入るのですね。

「おんしゃれいしっていじゅんていそわか」

慈覚大師の作と伝えられる准胝観音像です。



 

納札を入れるところに、納経所への地図がありました。

先に語歌堂に行ってからの人が多いでしょうから、これは助かりますね。

札所2番と納経所の光明寺に比べたら、距離は近くてほんのすぐ先にあります。



いつものように秩父の札所でよくみる絵です。

「旅人に化身した聖徳太子が御堂をたずね孫八と和歌の奥義を論じたことから語歌堂と名がつけられた」となっていました。

語歌堂の縁起について書いています。

ここの語歌堂は、長興寺の檀徒である本間孫八が営んでいたそうです。

そもそも孫八は和歌について暗いことを悩んで、このお堂にこもって歌道を学び祈念していたとのこと。

引きこもりは昔からあったのです。

その後、旅の僧と和歌について語り合ったのですが、翌日、その僧は姿を消していたそうです。

それが聖徳太子の化身だったとか。

和歌について語り合ったから、語歌堂なのですね。

 



語歌堂は札所5番で比較的早い番号なので秩父市にあると思ったら、この語歌堂は、横瀬町になっていました。

横瀬町指定の文化財です。

語歌堂の裏手にはお墓がありました。



仁王門のほかには何も囲いがなく、田んぼの中にポツンと立っているお堂というのがわかりやすいように、仁王門の裏手から写真を撮りました。

これでイメージが掴めるでしょうか。

このようなお堂が、七観音霊場や秩父札所唯一の准胝観世音菩薩をお祀りするお堂になります。